うさぎ 治療費 払えない

うさぎの治療費は数千円程度で済む場合もあれば数十万かかる場合もあります。

 

ケガ、眼振、避妊、去勢、血尿、骨折、心臓の病気など症状によっても異なりますが、うさぎなどのペットは自由診察なので病院や医者によって料金が異なりますので安い場合もあれば高額になるケースも。

 

私もうさぎを飼っていたことがありますが、重い心臓病にかかってしまい高額な治療費を払うことができず最後を迎えた事がありました。
人間であれば大体治療費がいくらなのか診察する前から把握する事ができますが、動物の場合は病院で治療費をはっきりいくらなのか記載する事は法律で禁止されているので診察するまで分かりません。

 

今回は大体診察でいくらかかるのかと、もし支払えなかった場合どうしたらいいのかの対処法について解説していきたいと思います。

 

うさぎの治療費例

上記でも述べている通り、うさぎの治療費は具体的にいくらと記載している病院はありません。
参考程度に目安料金を記載している病院もありますが、はっきり記載している病院の場合、法律を違反している訳ですから注意したほうがいいでしょう。

 

それではまず治療費の例を紹介していきます。

 

診察料 相場
初診時 1500円
再診料 500円~1500円
一般診療費 1000円~2000円
入院費 1日分 3000円~5000円
注射(皮下・筋肉) 1500円~3000円
血管・骨髄注射(留置) 3000円~6000円
爪切り 500円
薬・処方 1500円~15000円
グルーミング 500円

 

検査 相場
便・尿検査 500円~2000円
皮膚検査 1500円
血液(CBC・生化学) 3000円~6000円
超音場 2500円~5000円
レントゲン撮影(1枚) 4000円~6000円
エコー 5000円
心電図 5000円
麻酔(吸入麻酔) 5000円~10000円
開腹手術 15000円~30000円
骨折手術 20000円~30000円
去勢手術 15000円~30000円
歯科 1000円~10000円

 

このように人間であれば1000円、2000円で済むような軽症のケースでもうさぎの場合は健康保険などはありませんから5000円、10000円かかってきます。
5000円、10000円で済めばまだいい方で手術になれば診察料など諸々合わせて10万~50万かかってくる場合も少なくありません。

 

こんな高額支払えない…保険に入っていればよかった。。っと後悔したり、
助けられないなんてかわいそう、自分が情けない、駄目な人間などと思う人もいますが
そんな風に自分を責めないでください。

 

うさぎの治療をする前に考えて欲しい事

 

もし支払えるとしても、支払えず悩んでいるとしても、ぜひ頭の片隅に置いておいて欲しい事があります。

 

それは自分で決断したことに後悔しないでほしいという事です。
そして自分にはうさぎに対して愛が足りなかったと思わないでほしいんです。

 

治療費が支払えたとしても、100%治るという保証はありませんし何かの病気が併発したり後遺症が残る場合もあります。
また、治療費が支払えなかった場合は、亡くなってから「あの時こうしてれば・・・」なんて考えてしまう場合もあるでしょう。

 

でも、そうなったとしても後悔したり愛が足りなかったなんて思わないでください。

 

これがうさぎではなく人間だったらどうでしょう。
うさぎの治療費が支払えないのと同じように、人間だって保険でいくらか免除されても高額で治療費が払えない場合はありますし、体力的・肉体的に手術する事ができず死んでしまう場合もあります。
生まれつき重い病気にかかってしまい移植など含めて数億円かかる事だってあります。

 

このように人間の場合でも、何かしらの理由で治療が出来ない場合もあるんです。
これらの理由で助けられなかった人たちに、愛が足りなかったのでは?とかこうしていればよかったのでは?と言えますか?

 

うさぎは人間ではありませんので話すことはできませんから、治療をするのかしないか決めるのは飼い主であるあなたです。
もし治療費が払えず、死んでしまったとしても他の誰かに文句を言われる筋合いはありません。

 

ですから後悔したり、愛が足りなかったなんて思わないでください。

 

これからお金を工面して治療費を集めるか、そのまま治療せず余生を過ごすか、冷静に考えてみてくださいね。

 

うさぎの治療費が払えない時の対処法

 

うさぎの治療費が払えなかった場合に最もおすすめなのが「お金を借りる」です。

 

ですが、いくら動物の命がかかっているとはいえ高額のお金を貸してといっても、友達や家族の首を立てに振らせるのは難しいでしょう。
そこでオススメなのが低金利で借りられる銀行のカードローンです。

 

借りる以外に方法がない場合は全国の銀行カードローンを比較しているサイトでどんな銀行で借りれるのか、様々な銀行と比較して安心・安全なカードローンを利用しましょう。
【カードローン比較】190の銀行・消費者金融を徹底比較 私のカードローン

更新履歴